2009/04
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>

*管理ページ* | *Write* | *Edit*

TOP > ARCHIVE - 2009年04月

2009年04月の記事一覧
→次
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「jigsaw」 フリーゲーム レビュー
無料でできる選択肢付ノベルゲーム(フリーゲームですね)、
さより文庫様の「jigsaw」のご紹介。
jigsaw バナー
(リンク先画像になってたので貼り直しました。すみません)

思いのほか良いゲームでした。面白かった。EDは8種類。
EDを見るごとに選択肢が増えたりするので要注意。
(一見前見た展開と思わせて最後が違うというものもあったので…。)



【ストーリー】
海上を自由に行き交う島々
これら島国は船と港の如く
たがいに接岸離岸して徒歩で渡ることができる

もしも その接岸を永遠のものとしたいのならば
王の首ひとつ
あるいは領民全員の命を人柱として捧げよ

――これは そんな世界に生まれた蛇女と
廃太子と盗賊王子と毒舌執事たちのお話



【登場人物】
ティファレト
くちなわ族と呼ばれる半人半蛇の女の子。
ゆで卵と苺大好き、食べ物につられる頭弱い子。
動物大好き(&やや人間不信)な盗賊王の甥、シェンナに飼われることに。

スタート時は子供(&半蛇)だったが、ある日いきなり成体になり、
からだもおとな、おまけに足が二本はえてびっくり。
しっぽがないとシェンナに飼ってもらえない、と半泣きでしっぽを探しに
出かけたところ、レイシアに助けられる。
シェンナには言っても信じてもらえず、仕方なくレイシア、ユーグと行動することに。

シェンナ
リィゼン盗賊国の国王の甥で、あだ名は盗賊王子。
小動物が大好きな、ティファレトの飼い主。
お国柄か、さばけた口調と性格。
先代国王である父が伯父に殺されており、少し人間不信気味。

 「しつけがなってねえと俺に文句がくんだよ、俺に」

レイシア
クロイツ王兵師団の前国王の長子で、ティファレトからは銀髪さんと呼ばれている。
腹違いの弟との跡目争いに敗れ、国外に追放された廃太子。

ティファレト大好き、べた甘過保護な育ちのいいお兄様。
槍も使えて強い。秘密があるよ。(たぶんすぐわかる)

 「甥御どのより、私を好きになってくれたら、教えてあげます」

ユーグ
レイシアに従順な?もとクロイツの官僚。
現在は見聞作家業をこなしつつ、レイシアの身の回りの世話もしている。
おもしろがりの慇懃無礼・毒舌家。

とりあえず、面白いか面白くないかで全てを判断する。
敵に回したらおそろしい人。
ある意味一番興味深い人です。好きだけど怖い。怖いけど好きだ。



【良い点】
世界観がしっかりしている。
音楽の使い方もうまいと思った。
章だてがあり、その度に入るイラストと文字具合も雰囲気があって素敵。

ノベルゲームだし、イラストに関しては期待していなかったが、
予想以上に雰囲気を作り出していたのでびっくりした。
結構こだわってる感じ。
文章を書く力もあり、キャラが魅力的に描き出されている。

島ひとつひとつが国であり、その国は自在に海上を動く、という
その設定からして面白いと思ったし、その動く理由を知った時には
おおっと思った。

また、その設定がストーリー展開に上手に生かされているのが
良かった。

16歳以上推奨だが、そこまで残虐なシーンがあるわけでも
エロでもありません。



【気になった点】

強いて言うなら、という程度ですが。

永世中立国じゃなくて衛星中立国なのはわざとかなぁ。
結構出てくるので気になった。

*以下ネタバレあるかもなので、一応伏せてます。反転でどうぞ。
レイシアルートの場合、
ティファレトからレイシアへの気持ちの変化が唐突に感じた。
シェンナからレイシアに気持ちが移る過程が
もうちょっとあってもよかったような。(カイツェルもおなじく)

ただそれに関しては、全ED見たあとに気づいたけど、
血をあげたこと上帝と玄女という特別な関係が構築されちゃって
いやがおうなく気持ちに変化があったのかなぁと。

あとミニキャラのイラストがやや雰囲気にあってないかなと思った。



【その他ネタバレありありな感想】

とりあえず「いましめの指輪」EDが、予想外の展開で怖かったです。
そっちの怖さか!と。飼い主としての自己中具合というかなんというか。

レイシアやカイツェルの愛情ゆえの執着具合とかは、割と容易に想像できたんですが
シェンナのEDでこんな震撼させられるとは思いませんでした。
一番怖気がした。たぶん予想外だったせい。

ユーグEDは割と簡素で物足りなかった部分を、エイプリルフール企画で配布されている
jigsaw ifで補完され、満足です。

最後に見たEDが「ティファレトの名前」だったので、なんだか和んだ。
やっぱ希望がなくっちゃね。
スポンサーサイト
世界はあたしでまわってる 【DS】レビュー
NDSソフト、「世界はあたしでまわってる」のご紹介。

このふざけた題名からして、女の子向け(ライトユーザー向け)なのかなと思いきや、
案外システムはしっかりしているイメージ。
でも、初心者にもオススメなわかりやすさ。

世界はあたしで


【ストーリー】
主人公は可愛くてお金持ちな恵まれたお嬢様。
なんでも手に入る生活。わがまま三昧。

目下ほしいのは素敵な恋人。
ある日開いた舞踏会、そこで見つけた美形冒険者。
「やっぱり神様ってあたしのためにいるのね♪」

彼こそ運命の人、と思ったのもつかの間、
返ってきたのは失笑。
その長い髪で、ドレスで私についてくるとおっしゃる?
「冒険者として一人前になったらまたお会いしましょう」、と言われ
引き下がるような可愛い性格ではなかったお嬢様。

翌日髪をばっさり、ドレスを脱ぎ捨て
「あたし冒険の旅に出る。一人前になるまで帰らないから!」

さてさて、わがままお嬢様の前途やいかに。



【良い点】
わがまま、という特有のシステムが面白く、クエストも手ごろで割とさくさく進む。
どこまでも「世界はあたしでまわってる」感が炸裂して、爽快。
自己中なのに憎めない。

花畑はあたしに花束をプレゼントするために、
魔物は経験値のために、
神様はあたしのためにいるのよ!

みたいなのがもう逆にここまでくるとすがすがしい。

魔法も主人公じゃなくて、オウムがおぼえるからね!
まあMPは普通に主人公の消費するけどさ。


仲間になるピンクのスライム(可愛いよ)
が、
敵の能力をコピーして成長するのも面白い。
最初激弱だけど、成長するといきなり頼もしくなる。

ただ、各部位ごとに能力をコピーするので、
見た目そのままコピーかと思うとやや気持ち悪い気もするけど、
(ネコマタの頭、ホネファイターの腕、ドクムシの足、とかそういう感じで)
見た目は変わんないと信じたい。

別の町にうつって前の敵からアイテムもらい損ねた、って場合も
地形を変えれば、わざわざ移動しなくても目的の敵に出会えるのも楽。
(一部例外あり)




【悪い点】
おつかいになりがち。
アイテム図鑑とかモンスター図鑑に気にせずさくさく進めれば、
それも気にはならなさそうだが、いったんこだわると
アイテム出てくるまでモンスターと作業戦闘、
なかなか出ねーよ、とかあります。

食事が進むにつれて高く、物価の安い地元が一番よ♪ってことで
帰ってくっちゃね生活したりとかしてたら楽なんだけど、
なんかやや虚しい気もする。


あとピンクスライムのコピーする部位とか対象モンスターがランダムで
特定できないのはちょっと不便かも。




【システム】
行く手の町には手ごろなクエスト、それをクリアすれば先に進む門の鍵がもらえる。

ワールドマップは町ごとの移動、町に入ってローカルマップになるとマスごとの移動。
戦闘は「通常攻撃」以外に「魔法」と「わがまま」が使えるシステム。

このわがままを言って事態を変えていくシステムはなかなか面白い。

「地形が気に入らない」
「魔物やアイテムみつけたい」
「魔物レベル変えたーい」
「もっとアイテム出してよ」
「ビンボーは嫌いよ!」
「経験値少なくない?」

などなど。

いざ戦闘に入ると、
「あたしがさきよ」で先制攻撃可能、
「あんたは黙ってて」で敵1体に沈黙などわがまま三昧で、
それが魔物に通るところもおかしい。

わがままを言うにはWP(わがままポイント)が必要だが、
クエストを終えると増える。
それ以外にも、町で食事をとることで各パラメータをあげることができる。


公式HPはこちら。
采配のゆくえ 【DS】
NDSゲーム「采配のゆくえ」の感想です。

采配1

【簡単な紹介】
関が原の戦いを舞台に、石田三成を主人公として進められる戦国アドベンチャー
稀代の天才戦術家、島左近やその娘たまき
親友で病に冒されつつも三成の役に立とうとその才を発揮する大谷吉継などの
助けを借りながら、徳川家康勢と戦っていく。

流れとしては戦略パートで会話や移動等を通して情報を集め、
合戦パートで軍を指揮していく感じ。
ただし、味方はなんでも言うことを聞くわけではなく、
時に説得する必要が出てくる。

これまで得た情報を駆使して、武将を説得しよう。


【感想】
キャラのグラフィックや動きは、逆転裁判シリーズでしょうと
言いたくなるほどそっくり。
でもそれが魅力的なキャラ形成につながってるんだし、いいんじゃないの?と思う。
独特の動きがダイナミックで、見ていて楽しい。

キャラの魅力もさることながら、何より話の展開が飽きさせない。
それぞれの武将の思いや戦う意味、覚悟…そう言ったものが胸に迫ります。


采配2

特に大谷吉継にはかなり心を打たれて涙涙でした。

キャラグラのかっこよさに負けるものかと警戒していたのに
やっぱりかっこいいよ…ちきしょう。

見た目もかっこいいですが、それ以上に志というか覚悟のほどや
義と友情に生きたところが感動でした。
頭の切れ具合も素敵。

このあたりの史実にぜんっぜん詳しくないので
純粋に楽しめている部分もあると思いますが、
逆にこのあたりの時代についてもっと詳しく知りたくなりました。

難易度は簡単。
合戦パートにどきどきしていたものの、かなり簡単で肩透かし。
本格的なシミュレーションに慣れている人はがっかりかもだけど、
誰でも楽しめるという意味では評価できるかな。


ひとつ残念だったのはメインではないキャラの顔グラフィックが一緒だったこと。
さっきまで頑張って味方を支えてくれていた武将と同じ顔のやつが
次に敵で出てきたりしてちょっとがっかり。

でもそれ以外は全体的に楽しめてます。
まだこしてない(たぶん最終話前くらい)ので、頑張ります。

公式HPはこちら。
ブログカスタマイズって難しいね
このところちょこちょこブログをカスタマイズしようと頑張っている
超初心者な私ですが、まだまだわからないことやできないことが
いっぱいあります。

あーむずかし。

我ながらこの記事見難いなーとか思いつつもスキルのなさゆえに
そのまま放置だったり。
(まあ色選ぶ時にめんどくさがって、左の原色バリバリな
くっきりはっきりしすぎた色ばっか使ってたから、とか
スキル云々よりやる気の問題もありますけど。)


【やっぱ重い?】

あと、やたら画像アップしてるんですが、パソコンによってはやっぱり
かなり重いのかな、という懸念。

でも、「続きを読む」等の追記形式ってあんまり自分が好きじゃなくって
(いちいちクリックしてまた戻ってってのがめんどい)、今のところ
そのままずらずら並べてるんですが。

今自分が使っているのが、【OS:vista、メモリ:2GB】のPCなんですが、
それだとそこまで重くは感じないのね。
広告表示がいやで、高速表示されるアカマイなんちゃらってのも
使用しないにしちゃったし。

ただ、私自身なんと98からvistaへの鞍替えだったため(しかも割と最近)、
(メモリの単位が違うんですけどー!笑 ほんと今快適☆)
古いパソとかだとやっぱ嫌われる感じなのか?と思ってしまいます。

折りたたみ形式とかならまだいいのかなぁ。

【初心者まるだし】

他にも文中の見出し的な装飾はどうやってるのかとか、
このスペースにこれ表示したいんだけど、それってどこいじればいいの?
とか、まあ試行錯誤です。

そもそもトラックバックすらよくわかってなかったところからのスタートなので、
(そして今もあまりよくわかってるとは言いがたい)、
まあそれを思えばよく頑張ってるよね。

あとRSSとかフィードってのもまったく知らなかった。
最近の皆さんはこういうの駆使してらっしゃるんでしょうか。
すげーな。

ちょっとずつHTMLとかスタイルシートとか、勉強して少しは
賢くなるのかな。なれればいいなー。という希望。
調べてると難しくて頭痛くなりますが、慣れればちょっとは
詳しくなれるのでしょう。

まあでも基本となるテンプレートがたくさんあるので、
そこまでこだわらなければ誰でもブログ書ける時代になったのは
ありがたいことだよね。

【使いこなせてない予感】

正直アクセス解析とか、まったく使いこなせてる気がしません!
あれトップページだけの登録じゃだめなの?
いちいちページチェックして追加なの?めんどくさい…(またそれか)。
カウンターとまったく数違うしね。
よくわかんないまま適当に運営していく予感。

ちょっぴり煮詰まってきたので、ここで発散。
心の叫びだ!人生いろいろだ!

しばらくはちょっと疲れてカスタマイズは休憩するかも。
レッドクリフ PART2
レッドクリフPART2見てきました。
ついこの前1をDVDで見たところだったのでタイムリー。
2もやはり面白かった!満足でした。
久々に三国志にはまりそう。

孔明2

やはりなんと言っても2のメインは孔明と周瑜。
赤壁といえばこの二人、ってイメージだもんね。
監督としてもかなり押してる感じがした。

孔明と周瑜の知略っぷりがぞくぞくしてとても好き。
いいねぇこういう頭のいい男。

写真いっぱいアップしてるので、続きはこちら。

カウンター
カテゴリー
プロフィール

コトノハツムギ

Author:コトノハツムギ
本とゲームと映画が好き。
heart orangeサイト案内はこちら。

★本はミステリー、ファンタジーがメイン。
好きな作家は伊坂幸太郎、東野圭吾、恩田陸、辻村深月、米澤穂信、荻原規子、茅田砂胡など。
宮部、綾辻、京極あたりもかなり読んでます。

★ゲームはRPG、SLG、ADVがメイン。
最近はDSやフリーゲームが多いかも。
新旧問わずレビューしていくつもりです。

★モンハン(MHP2G)はじめました。
heart orangeプレイ日記を最初から見る。

とりあえずここではひっそり、
ゆるゆると自由に…。

◆コメント、TBは基本的に大歓迎です。スパム防止のため承認制にしていますがお気になさらず。古い記事でもお気軽にどうぞ。

◆リンクはフリーです。(ただしアダルト関係はお断りいたします。)

詳しいプロフィールは↓の画像を
クリックしてどうぞ。


ブログ内検索
お気に入り 
気が向いたときに押すボタン
面白かった!とか気が合うねって人、 気が向いたら応援代わりにぽちっとな。
記事リスト
2009年04月の記事
→次
過去記事の紹介
┗またもやお久しぶりの更新ですが、実は今妊娠しています。7ヶ月目にはいったところ。予定日は9月中旬で、だいぶおなかも大きくなってきました。今年の抱負に「子供を作る
┗やばい。気が付いたらもう1年くらい放置しているではないか!!最近の記事こんなんばっかでごめんなさい。久々に近況でも書いてみる。でも書き出してみて気付いた。ブログ
┗いやぁお久しぶりです。明けましておめでとうございます。まあなんて言いますかブログ名通りひそやかに再開してみる。なんかわかんないけど書き散らしたいの。ストレス発散
┗ゴッドタンの第2回(だよね?うろ覚え)タニームマッチ、3回もみてしまいました。ゴッドタンはこれを見るために見ていると言っても過言ではないかも。今一番好きな芸人は
┗ちょっとした贅沢として買っちゃいました。AYURAのメディテーションバスα。@コスメでも1位の、癒される入浴剤です。こういうアイテム投入するだけで女子気分あがっちゃう
記事ナビ
月別アーカイブ
最新コメント
LINK
リンクに追加する
ボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー MSNボットチェッカー Googleボットチェッカー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。